早めがおすすめAGA検査!クリニック比較

TOP > 最新AGA情報 > AGAの対策をしよう!

AGAの対策をしよう!

AGAは生え際や頭頂部が薄くなる男性特有の症状で、成人男性には良くみられる髪が薄くなる状態で、若ハゲやM字ハゲなど身体の栄養状態や年齢に関係なく抜け毛が進んで、薄毛が目立ってしまいます。
AGAが薄毛の原因だった場合には通常売られている育毛剤やシャンプーだけでは改善が難しいため、専門的な治療薬や毛根への複合的なアプローチが必要です。男性の薄毛は男性ホルモンの間に関わりがありますが、男

性ホルモンの増加がAGAの原因ではありません。AGAは男性ホルモンが薄毛の原因となるジヒドロテストステロンに変わってしまって発症するため。男性ホルモンの量が薄毛が進行してしまうのではなく、男性ホルモンがジヒドロテストステロンが変わることが薄毛の原因となります。
男性ホルモンは脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンに変わってしまう理由は5αリダクターゼという酵素が関係しています。5αリダクターゼは毛根の近くの皮脂腺から分泌させる酵素のひとつで5αリダクターゼという成分に男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変えてしまう作用があります。
5αリダクターゼと男性ホルモンが関係するとAGAは進行してしまいます。AGAの治療薬にはミノキシジル・フィナステリドの2種類あります。
病院やクリニックなどでAGA治療を受けたときにはミノキシジル・フィナステリドのどちらかまたは両方が処方されます。ミノキシジルは血行促進や血管が拡張して毛根を呼び起こします。フィナステリドは新たな脱毛が進めないようにする抑制します。
AGAの治療を長きにわたり行っている人の多くがミノキシジル・フィナステリド一緒に使っています。

治療薬だけでなく生活習慣の見直すことも大切です。AGAの治療薬を使わずに生活習慣で行える方法で対策をすることができます。髪には良い習慣と悪い習慣があります。髪にとって良い習慣を取りいれて身体の中から育毛していきます。
生活習慣で気をつけたいことは栄養のバランスや血行のバランスです。AGA対策には5αリダクターゼの制御が重要ですが、髪に栄養をあたえることも重要です。
治療薬で5αリダクターゼを抑えることができても髪に栄養が不足していると髪が栄養失調になってしまい薄毛は改善されません。髪に必要な栄養が不足しているとAGAでなくても薄毛や抜け毛、弱い毛・脱毛となってしまいハゲへと進行してしまいます。
育毛には血行促進が重要です。身体や頭皮の血行促進につとめていると、栄養が頭皮や毛根、髪へと届きやすくなります。
頭皮マッサージやスカルプケアができるシャンプーを使って、頭皮に弾力と潤いを保って、健やかな頭皮環境をキープすることが重要です。潤いがある頭皮はフケやかゆみが少なくなり、弾力のある柔らかな頭皮には血行促進に役に立ちます。

次の記事へ

カテゴリー