早めがおすすめAGA検査!クリニック比較

TOP > 最新AGA情報 > AGAってどういう症状?

AGAってどういう症状?

男性型脱毛症のAGAは、少しずつ進行する病気なので、気付いた頃には薄毛が進んでいる可能性があります。早期発見をするために、代表的な症状を知っておきたい人が増えています。
男性型脱毛症は、男性ホルモンの分泌量が活発になる20代半ばから見られることが多く、髪の毛が細くなったり、コシが無くなってきて、頭頂部や側頭部などの髪の毛が薄くなってきます。男性ホルモンの分泌が活発化すると、毛髪の成長が抑制されてしまい、短くて細い毛も抜けやすくなってしまいます。
普段から鏡を使用してチェックをする習慣を付けることが大事です。友人や家族に指摘されて、気付く人も多い傾向があります。

男性型脱毛症は、人によって個人差がありますが、精神的なストレスや食生活、飲酒や喫煙などの習慣も原因のひとつになっています。男性型脱毛症は放置をしておくと少しずつ進行してしまうので、早い段階から治療を始める必要があります。
専門クリニックに通院をすると、健康状態をチェックするために、血液検査が受けられますし、頭皮の状態を医療機器を使用してチェックをしてもらえます。頭皮の血流が悪くなってしまうと、抜け毛が増える原因になってしまうので、普段から体を冷やさないようにしたり、頭皮をマッサージをすることも大事です。
専門クリニックでは、一人一人の状態に応じて、内服薬や育毛剤を処方してもらえるので、最低でも3か月から、6か月以上は続けることが大事です。気になる副作用が見られたら、医師に相談をすることも大事です。

男性型脱毛症は、20代半ばから50代以降の成人男性に多い病気ですが、適切な治療を受けたり、食生活や生活習慣を改善することで、病気の進行を遅らせることが可能になっています。普段から頭皮や毛髪に優しいシャンプー剤を使用して、毛穴を清潔に保つようにしたり、湿疹や炎症などがある場合は、早めに治療を受けることが大事です。
一日に50本から、100本ぐらいの抜け毛は誰でもありますが、枕やお風呂の排水溝に、200本以上の抜け毛がある場合は、男性型脱毛症に罹っている可能性があります。若い頃から正しいヘアケアを身に付けるようにしたり、カラーリングやパーマなどは、回数を減らすことも大事です。
髪の毛にボリュームが少ないと、年齢よりも老けた印象を与えてしまうと悩んでいる人が多いですが、フケや痒みなどの異常が見られる時は、早めに専門クリニックを受診することが大事です。

カテゴリー