早めがおすすめAGA検査!クリニック比較

TOP > 最新AGA情報 > もしAGAと診断されたらどうするの?

もしAGAと診断されたらどうするの?

男性の大きな悩みのひとつだった若ハゲ、今ではこの若ハゲになっても再度髪の毛が生えて来ると言われ、希望を持つ人が多くなっています。
しかし、良く言われた言葉に、毛根が死ぬと二度と毛は生えて来ないと言うことがありました。ですがこの考えは、大きな間違えと知っておきましょう。本当に髪の毛が生えなくなる理由は、大怪我をしてしまい手術をして縫った時とか大ヤケドを負った時だけと考えて良いでしょう。
つまり、普段での生活において毛根は死ぬこともなく、そのことが原因でハゲてくる訳でもありません。ハゲて来たり、薄毛になったりする理由には、もっと別な原因が考えられます。
その多くは、ストレスであり、食事の関係でもあります。また、不潔にすることも良くないことで、運動不足でも髪の毛に悪い影響があると言われます。

男性の若ハゲをAGAと呼ぶこともありますが、基本的には男性型脱毛症と言うことになります。数多くある脱毛の一種であり、男性だから全てがAGAと言う訳ではありません。
AGAと診断された人の症状としては、徐々に額が後退する症状が、多くみられます。その後、頭頂部が薄くなると言う現象を起こすこと示して来るものになっています。若ハゲとも言われるくらいですから、早い人では20歳代の前半からこの髪の毛の後退が、始まります。
そして症状を持つ人は、35歳くらいになると半数近くの人が、何らかの脱毛がみられるようになって来るのが、特徴でもあります。
このAGAにかかる大きな原因には、男性ホルモンが関係しています。ホルモンの悪影響から、髪の成長を止めてしまうことにもなってしまうからです。

AGAを防ぐ方法として、普段からの手入れが大事と言うことになります。毎日行なうシャンプーの方法一つでも、相当な違いが出てきます。
シャンプー前には、髪の汚れを浮かしたり、絡みからの抜け毛防止にキチンとしたブラッシングを行なうことや、ぬるいお湯で汚れを落とす、頭皮はマッサージ感覚で、ドライヤーの使い方にも注意が必要となって来ます。
また、喫煙も髪の毛には、良くないと知っておきましょう。そして現在では、治療法のひとつとして、治療薬の服用が認められるようになりました。この治療薬は、薬局などで販売されずに病院で処方されることになります。
輸入代行などで購入することも可能ですが、製品に対し100%の保証はないと考えられますので、病院へ行き、診断を受けで処方してもらうことがベストな方法です。

次の記事へ

カテゴリー